乱視が気になりだしたらコンタクトの使用を考えよう

乱視で悩んでいる人は日常生活が大変です。遠視や近視は距離によって見え方は違うものの、遠くの物だったり近くの物だったりははっきりと見ることができます。でも乱視は違います。どこにもピントが合いませんので遠くの物も近くの物もぼやけて見えてしまいます。目に見える世界が全部ぼけて見えてしまうため何かしらの方法で視力を補ってあげる必要があるのです。

パソコンと向かって仕事をしている人などはパソコンの文字がダブって見えてくるなんて経験もあると思います。乱視の危険があるので乱視用コンタクトを使ってみてください。乱視の状態で仕事を続けていくと疲れてきてしまい、ひどいときは眼精疲労になる可能性もあります。眼精疲労になると原因が特定できないような肩こり等に悩まされるようになり治療も大変ですので乱視が気になるようなら補正してあげましょう。

乱視が気になり始めたときにはまず医師に相談してみましょう。そのうえで自分の目に合ったコンタクト使う必要があります。適当に乱視用コンタクト購入して使ってみても目に合わない物では意味がありませんし、逆に目の負担になります。コンタクトを使うときにはまず眼科医に相談して相応しいコンタクトを見つけてみるようにしてください。

Leave a Reply